苺ましまろ 3 (3)    電撃コミックス

苺ましまろ 3 (3) 電撃コミックス

 読了。

 萌え。表紙がかわいいので拡大しておきます(その後、やっぱり邪魔なので縮小)。

 「苺ましまろ」は「あずまんが大王」あたりから顕著に見られるようになってきた「女の子だけいればいいや漫画」のひとつですが、この巻はいままでにも増して百合っぽい内容でした。

 一般的にいって、ひたすらキャラ萌えを追求するといずれZZガンダム並の装飾過剰に陥り、可愛いのかどうかよくわからないところに行ってしまうことが少なくないんだけれど、この漫画からはそういった過剰さがふしぎと感じられません。

 だからファースト・インプレッションは地味なのですが、読んでいるとまったりとあまったるい可愛さが染みとおってきます。大量生産大量消費時代に突入した萌え業界にくさびを打ち込む一作といえるかも。