空のむこう (ジェッツコミックス)

空のむこう (ジェッツコミックス)

 読了。

 少女漫画界の内外から高い評価を得ていながら、寡作のためなかなか新作を読むことができない遠藤淑子の新作。

 ほんとうに才能がある少女漫画家はみな最後には寡作になってしまうようである(萩尾さんや山岸さんはあいかわらず元気だけどね。あのひとたちの活力はいったいなんなんだろう)。

 あいかわらずとぼけた作風としかいいようがなく、実に解説しづらい。なにしろ冒頭からモアイ刑事ですよ! モアイ刑事! どこからこういう発想が出てくるんだろうなあ。

 表紙を見てもわかると思うが、決して絵がうまい作家ではない。しかし技術の巧拙に還元できないなんともいえない味わいのある絵で、ほのぼのとも殺伐ともいいがたいコメディ風シリアスのお話を描かれると、もう全面降参するしかない。

 短編だけじゃなくて「マダムとミスター」の続き書いてくれないかな。いや、絶対書かないだろうけれど。大好きなんです、あの漫画。