生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

 読了。

 書店でこの本を見つけてその冒険に感動した綾辻行人氏が一山買ったという噂の伝説の書。凄い。凄い。この本にかかった手間を考えると気が遠くなる。

 いったいこんな小説をどこから構想すれば良いのだろう。世の中にはほんとうに物凄いことを考え実行してしまうひとというものがいるものだ。

 ただ実物を知らないひとに対しては説明しがたいトリックなので(説明しても信じてもらえないかもしれない)、僕にはこの本について解説する自信がない。とにかく読んでください、としかいいようがない。いや、ほんとうに凄いんだって。

 本そのものがマジックになったとてつもない大実験作である。一本の長編小説としてはやはりギクシャクしたところが残るので、評価は★★★★にとどまるが、本を読んでこんなに驚いたのはひさしぶり。

 このような挑戦自体まさに魔術的な壮挙といえるだろう。いやあ、凄かった。凄かった。凄かった。