4TEEN

4TEEN

 ご存知、石田衣良直木賞受賞作。

 14歳の少年4人の日常の冒険を描いた石田版「スタンド・バイ・ミー」。

 いや、そんなに悪くないですよ。このひとは社会の異端者に注ぐまなざしが凄く優しくて、フェアです。しばしば差別される人々に対して決して生ぬるい同情をもって描いたりしないあたりがいい。

 ただ、あまりにも綺麗に描きすぎているので、ちょっとうそ臭さが漂うのは否めない。連作短編スタイルであるせいで、ある回で出た問題が次の回にはあっさり忘れ去れているように見えるのも印象の薄さを増しているかもしれない。

 とにかく、悪くはないけれど、石田さんの最高傑作には程遠い出来かと。「池袋ウエストゲートパーク3」を落としてこれを受賞させる直木賞選考委員の態度はなぞだ。