水曜日のジゴロ 伊集院大介の探求 (講談社文庫)

水曜日のジゴロ 伊集院大介の探求 (講談社文庫)

 読了。

 伊集院大介シリーズの最新作。六本木のシリアルキラーを追う伊集院大介の物語です。

 僕はこのシリーズはすべて読んでいるんですが、今回、レギュラーキャラクターの山科さんが警視総監になっていたのにはちょっと驚きました。

 このひとは栗本薫のデビュー作「ぼくらの時代」からずっといろいろなところに出演しつづけているひとで、まあいってしまえば、シャーロック・ホームズにおけるレストレード警部、金田一耕介ものにおける等々力警部というような役どころのキャラです。

 初期作品では大介と組んでさまざまな事件に挑んだりもしているのですが、とうとうここまでのしあがっちゃいましたか。

 そうしてみると、やっぱりエリートだったんだな。もっとも、短編集「伊集院大介の新冒険」のなかには山科さんが警察を引退したあとのお話というものも出てくるので、かならずしもこれが時間軸として最もあたらしい物語だということにはならないのですが。

 僕は自分が事件を依頼するのなら伊集院大介か神津恭介がいいな。御手洗潔メルカトル鮎は、推理力だけならばたしかに抜群かもしれないけれど、人間として信頼できるかというとそれとは別ですからね。

 そういえば、「グイン・サーガ」の最新刊、まだ読んでいないな。