『八ヶ嶽の魔人』

  邪宗縁起

         一

 十四の乙女(おとめ)久田姫は古い物語を読んでいる。
(……そは許婚(いいなずけ)ある若き女子(おなご)のいとも恐ろしき罪なりけり……)
「姫やどうぞ読まないでおくれ。妾(わたし)聞きたくはないのだよ」
「いいえお姉様お聞き遊ばせよ。これからが面白いのでございますもの。――許婚のある佐久良姫(さくらひめ)がその許婚を恐ろしいとも思わず恋しい恋しい情男(おとこ)のもとへ忍んで行くところでございますもの」
「姫やどうぞ読まないでおくれ。妾は聞きたくはないのだよ」
「お姉様それでは止めましょうね。……」
 姫は静かに書(ふみ)を伏せた。
「ああ、もう今日も日が暮れる。お部屋が大変暗くなった……お姉様灯火(あかり)を点(つ)けましょうか」
「妾はこのような夕暮れが一番気に入っているのだよ……もう少しこのままにしておいておくれ……お前はそうでもなかったねえ」
「お姉様妾(わたし)は嫌いですの。妾の好きなのはお日様ですの」
「幼(ちいさ)い時からそうだったよ。明るい華やかの事ばかりをお前は好いておりましたよ。夏彦様のご気象のようにねえ」
「陰気な事は嫌いですの。このお部屋も嫌いですの。いつも陰気でございますもの。お姉様灯火を点けましょうか」
 姉の柵(しがらみ)は返辞をしない。で室(へや)の中は静かであった。柵は三十を過ごしていた。とはいえ艶冶(えんや)たる風貌(ふうぼう)は二十四、五にしか見えなかった。大変窶(やつ)れていたけれど美しい人の窶れたのは芙蓉(ふよう)に雨が懸(か)かったようなものでその美しさを二倍にする。几帳(きちょう)の蔭につつましく坐り開け放された窓を通して黄昏(たそがれ)の微芒(びぼう)の射し込んで来る中に頸垂(うなだ)れているその姿は、「芙蓉モ及バズ美人ノ粧(ヨソホ)ヒ、水殿風来タッテ珠翠香(カンバ)シ」と王昌齢が詠(うた)ったところの西宮(せいきゅう)の睫(はんにょ)を想わせる。
 幼い妹の久田姫がこのお部屋も嫌いですのと姉に訴えたのはもっともであった。館造(やかたづく)りの古城の一室、昔は華やかでもあったろう。今は凄(すさま)じく荒れ果てて器具も調度も頽然(たいぜん)と古び御簾(みす)も襖(ふすま)も引きちぎれ部屋に不似合いの塗りごめの龕(がん)に二体立たせ給う基督(キリスト)とマリヤが呼吸(いきづ)く気勢に折々光り、それと向かい合った床の間に武士を描いた二幅の画像が活けるがように掛けてあるのが装飾(かざり)といえば装飾である。
 久田姫は立ち上がった。静かに画像の前へ行き二人の武士を見比べたが、
「ねえお姉様、何故このお二人は、こうも恐ろしいお顔をして向かい合っているのでございましょう。お互いの眼から毒でも吹き出しお互いの眼を潰(つぶ)し合おうとして睨(にら)み合っているようではございませぬか。そうかと思うとお互いの口は古い城趾(しろあと)にたった二つだけ取り残された門のように固く鎖(と)ざされておりますのねえ。……深い秘密を持っていながらそれを誰にも明かすまいとして苦しんでいるように見えますこと」
 柵(しがらみ)は几帳(きちょう)を押しやってふと立ち上がる気勢を見せたが、
「ほんとにお前の云う通りその画像のお二人は不思議なお顔をしているのねえ」
「お姉様」と云いながら久田姫はつと近寄り柵の膝(ひざ)へ手を置いたが、「この画像のお二人のうちどちらか一人妾(わたし)のお父様に似ておいでになるのではございますまいか?」
「それこそ妄想というものですよ」柵はこうは云ったものの、その声は際立って顫(ふる)えている。
「お前はいつぞやも画像を見て同じような事を云ったのねえ。……ああお前のその妄想がどんなに妾を苦しめるでしょう……いいえお前のお父様はどちらにも似てはおいでなさらないのですよ」妹の顔をつくづく見守り重い溜息(ためいき)をそっと吐いたが、「……お前がこの世に産まれた時――もう十四年の昔になる――お前のお父様とお母様とはこのお城からお出ましになり諏訪(すわ)の湖水の波を分け行衛(ゆくえ)知れずにおなりなされたのだよ」
「いいえ妾には信じられませぬ」久田姫は遮(さえぎ)った。「信じられないのでございますわ。何故(なぜ)と申しますにそうおっしゃる時いつもお姉様のお眼の中に涙が溜(た)まるではございませぬか。偽りの証拠でございますわ」
 こう云うと久田姫は眼を抑えた。指と指との隙を洩れて涙が一筋流れ出た。彼女は泣いているのである。
 窓を透して射し込んでいた幽(かす)かな夕暮れの光さえ今は全く消えてしまって室内はようやく闇(やみ)となった。その闇の中で聞こえるものは妹の泣き声ばかりである。
 その時静かに襖が開いて尼(あま)が一人はいって来た。黒い法衣に白い被衣(かつぎ)。キリスト様とマリヤ様に仕えるそれは年寄りの尼であった。
「まあこのお部屋の暗いことは。灯火(あかり)を点(つ)けないのでござりますね。……お祈りの時刻が参りました。灯火をお点けなさりませ」