『吉田式球体関節人形制作技法書』。

吉田式球体関節人形制作技法書作者: 吉田良出版社/メーカー: ホビージャパン発売日: 2006/09/16メディア: 大型本購入: 47人 クリック: 688回この商品を含むブログ (24件) を見る うっとり。

タナトスの文学。

ゴシックハート作者: 高原英理出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/14メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 51回この商品を含むブログ (65件) を見る ゴシックスピリット作者: 高原英理出版社/メーカー: 朝日新聞社発売日: 2007/09/07メディア: 単行本購…

『ゴシックハート』&『ゴシックスピリット』。

ゴシックハート作者: 高原英理出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/14メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 51回この商品を含むブログ (65件) を見る ゴシックスピリット作者: 高原英理出版社/メーカー: 朝日新聞社発売日: 2007/09/07メディア: 単行本購…

物語と物語もどき。プロットと擬似プロット。

物語工学論作者: 新城カズマ出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2009/08/08メディア: 単行本購入: 23人 クリック: 930回この商品を含むブログ (64件) を見る 『クリエイティヴ脚本術』に続いて読んでいる。やはり物語の書き方についての本である。自然、…

『クリエイティヴ脚本術』で『グイン・サーガ』を分析する。

この『クリエイティヴ脚本術』(原題は『神々の炎を盗む』だそうだ)で書かれている理論をぼくなりに消化して、たとえば『グイン・サーガ』の構造を分析してみる。多少疑似科学的なところが出てくるが、突っ込まずに読んでほしい。 さて、『グイン・サーガ』…

『クリエイティヴ脚本術』。

クリエイティヴ脚本術―神話学・心理学的アプローチによる物語創作のメソッド作者: ジェームスボネット,James Bonnet,吉田俊太郎出版社/メーカー: フィルムアート社発売日: 2003/06/01メディア: 単行本購入: 55人 クリック: 960回この商品を含むブログ (29件)…

『文章の技』。

文章の技―書きたい人への77のヒント作者: 中村明出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2003/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 溺れるものは藁をも掴み、文章下手は文章読本のたぐいを読む。そういうわけで少しでもましな文章を書きたいと念…

『図説 密室ミステリの迷宮』。

図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)作者: 有栖川有栖出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2010/10/25メディア: ムック購入: 1人 クリック: 30回この商品を含むブログ (23件) を見る もうすぐ発売されるらしいのですが、洋泉社のサイトを見ると、『神津恭介×星…

電子書籍での読書はクレジットカードでの買い物に似ている。

その心は? どちらも、なぜか行為の実感が伴わない。 iPadを購入してから数日、既に何冊ぶんかの本を読んでいる。読み耽っているといってもいいくらいなのだが――電子書籍の便利さ、手軽さ、素晴らしさに感激する一方で、予想どおりある種のむなしさもまたそ…

『女はポルノを読む』&『欲望のコード』。

女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー)作者: 守如子出版社/メーカー: 青弓社発売日: 2010/02/01メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 321回この商品を含むブログ (23件) を見る 欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女…

だれでも罵倒する人間がどうしても罵倒できないもの、なーんだ?

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)作者: 中川淳一郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/04/17メディア: 新書購入: 35人 クリック: 977回この商品を含むブログ (216件) を見る 今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ…

『フィクション・ハンドブック』がすごい!

色々あっていくらかタイミングが遅れてしまったが、泉信行(id:izumino)の同人誌『フィクション・ハンドブック』を取り上げておこう。 前作にあたる同人誌『漫画をめくる冒険』は、その透徹した論理考証の精密さで、ぼくを驚かせたものだが、この『フィクシ…

連城三紀彦が天才すぎる件。

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(2)作者: 綾辻行人,有栖川有栖出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/11/27メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 27回この商品を含むブログ (10件) を見る 現代を代表する推理作家綾辻行人と有栖…

『探偵小説は「セカイ」と遭遇した』。

探偵小説は「セカイ」と遭遇した作者: 笠井潔出版社/メーカー: (株)南雲堂発売日: 2008/12/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 35回この商品を含むブログ (21件) を見る 読了。 大御所、笠井潔の探偵小説(本格ミステリ)評論集。と、まとめてしまうと、…

『母は娘の人生を支配する』。

母は娘の人生を支配する なぜ「母殺し」は難しいのか (NHKブックス)作者: 斎藤環出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2008/05/28メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10人 クリック: 106回この商品を含むブログ (61件) を見る 読んでいます。おもしろい。

健康の退屈、喫煙の快楽。

禁煙バトルロワイヤル (集英社新書 463I)作者: 奥仲哲弥,太田光出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/10/17メディア: 新書購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (28件) を見る 芥川龍之介に「煙草と悪魔」と題する短編がある。 その名の通り、タバ…

問題はオタクがイラッとくることではない。

「Half Moon Diary」の記事「「オタク成金」にオタクがイラッとくるのは仕様」で言及されているので、めずらしく絡んでみる。 ただ、天野由貴氏(ノンフィクションライターを自称している割にAmazonを見ても著作がこれ1冊しかないので、誰かの変名?)が山…

あかほりさとるの例の本を読んだよ。

初めにいっておく。 ぼくはあかほりさとるをそれなりに評価している。尊敬しているといってもいい。 何といっても、彼はじっさいに作家として成功している。他にどんな欠点があるとしても、彼が書いた脚本や、小説が、多くのひとを楽しませたことは疑いよう…

『記憶のエチカ』。

記憶のエチカ―戦争・哲学・アウシュヴィッツ作者: 高橋哲哉出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1995/08/29メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (15件) を見る 哲学者高橋哲哉が「記憶」をテーマに「戦争・哲学・アウシュヴィッツ」にかんして…

『歴史/修正主義』。

歴史/修正主義 (思考のフロンティア)作者: 高橋哲哉出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2001/01/21メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (23件) を見る 勉強になります。 巻末の参考文献に載っているジャック・デリダの『法の力』…

戦争を知らないぼくたちに戦後責任は存在するか?

本題に入る前にひとつの記事を紹介しておこう。作家の山本弘が、南京事件を巡る中国への謝罪にかんして語っている記事である。 「中国に謝罪すべきだろうか?」と題して、山本はいう。 この問題についての僕の見解は単純。「謝罪する必要はない」である。 だ…

最近読んだ本。

増補版 日朝関係の克服 ―最後の冷戦地帯と六者協議 (集英社新書)作者: 姜尚中出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/05/17メディア: 新書 クリック: 4回この商品を含むブログ (8件) を見る 「テロリスト」がアメリカを憎む理由作者: 芝生瑞和出版社/メーカー:…

『絶頂美術館』。

絶頂美術館作者: 西岡文彦出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2008/12/18メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 208回この商品を含むブログ (16件) を見る 世に美術館はいろいろあるけれど、この本はその名も「絶頂美術館」。見るからにハァハァな作品ば…

読書。

本を読んでいます。 増補版 日朝関係の克服 ―最後の冷戦地帯と六者協議 (集英社新書)作者: 姜尚中出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/05/17メディア: 新書 クリック: 4回この商品を含むブログ (8件) を見る 五感で恋する名画鑑賞術作者: 西岡文彦出版社/メ…

韓国反日文学のトンデモない世界。

韓国・反日小説の書き方作者: 野平俊水出版社/メーカー: 亜紀書房発売日: 1996/06/01メディア: ハードカバー クリック: 3回この商品を含むブログ (7件) を見る タイトルからわかる通り、韓国の反日小説、反日紀行文を笑い飛ばした一冊。韓国の反日文学がいか…

韓国本。

ソウルの風景―記憶と変貌 (岩波新書)作者: 四方田犬彦出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2001/09/20メディア: 新書購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (19件) を見る 大好きな韓国作者: 四方田犬彦出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2003/02メデ…

『ヴァイツゼッカー演説の精神』。

ヴァイツゼッカー演説の精神―過去を心に刻む作者: 永井清彦出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1991/12/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 戦争責任関連でいろいろ読んでいるんですけれど、この本は面白い。

ジブリは山羊に愛がない。

とっぴんぱらりのぷぅ作者: 田中芳樹出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (16件) を見る 田中芳樹が対談形式で贈るブックガイド。さすがの博識が活かされ、なかなか読…

『無痛文明論』批判。

無痛文明論作者: 森岡正博出版社/メーカー: トランスビュー発売日: 2003/10/16メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 63回この商品を含むブログ (55件) を見る 非常におもしろい本だったので、もう少し考えてみよう。 無痛文明論とは、もっと気楽に生きたい、…

『無痛文明論』。

無痛文明論作者: 森岡正博出版社/メーカー: トランスビュー発売日: 2003/10/16メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 63回この商品を含むブログ (55件) を見る 読んだ! 例の「草食男子」で妙に有名になってしまった人文学者森岡正博が、二○○三年に上梓した文…