映画

その生命を使い捨てろ! 『コードギアス 亡国のアキト』に傑作の予感。

この記事は試験的に「Something Orange」と「ゆるオタ残念教養講座」で同時掲載しています。 『コードギアス 亡国のアキト 第一章「翼竜は舞い降りた」』を観て来た。うん、これはちょっと素晴らしいですね。四部作の第一章ということで、まだ総合的な評価を…

『奇跡』。

奇跡(通常版) [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2011/11/09メディア: DVD クリック: 15回この商品を含むブログ (47件) を見る 離れ離れになった兄弟が願う「奇跡」とは。感動の名作ってほどではないけれど、ちょっと良い映画でした。

あらし。

全国的に嵐のようです。昔見た映画『パーフェクトストーム』とか思い出します。 パーフェクト ストーム [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2010/04/21メディア: Blu-ray クリック: 2回この商品を含むブログ (5件) を見る なかなか…

良いメディアミックスとは何か?

映画『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ』の四作はそれぞれ独立した作品でありながら、『アベンジャーズ』へと繋がる構成になっているそうで、ちょっと全部見てみようかという気になっている。製…

『ラブ・アクチュアリー』。

ラブ・アクチュアリー 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント発売日: 2009/07/08メディア: DVD購入: 8人 クリック: 194回この商品を含むブログ (50件) を見る ここのところ何となく映画を見て…

『落下の王国』。

ザ・フォール/落下の王国 [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2009/02/11メディア: Blu-ray購入: 5人 クリック: 19回この商品を含むブログ (26件) を見る この映画を見たいんだよなあ。

映画『もしドラ』のおもしろさを簡単に説明するよ。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」Official Visual Book作者: 中條未来,斉藤清貴出版社/メーカー: 角川メディアハウス(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/05/28メディア: 単行本 クリッ…

『もしドラ』。

今晩中に映画『もしドラ』の感想書きます。書くといっておいて書かなかったらぼくのことは有言不実行野郎と罵ってください。

『もしドラ』。

『もしドラ』観に行こうかな、と考え中。

『海猿 THE LAST MESSAGE』。

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2011/04/06メディア: DVD購入: 3人 クリック: 138回この商品を含むブログ (36件) を見る おもしろいけれど、大味。脚本レベルの問題だと思うけれど、どう…

『英国王のスピーチ』。

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2011/09/02メディア: Blu-ray購入: 2人 クリック: 34回この商品を含むブログ (87件) を見る いい映画。見て損はなし。

圧巻の電脳描写、『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』の迫力。

攻殻機動隊S.A.C.SOLID STATE SOCIETY作者: 神山健治,春日康徳出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/03/03メディア: コミック購入: 1人 クリック: 15回この商品を含むブログ (9件) を見る というわけで! 『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』(以…

映画ダウンロードレンタルの課題。

もっと映画を観たいなあ、と思っているのだけれど、レンタルは返却が面倒だし、ディスクの購入はリスクが大きい。そこで、iTunesのレンタルを利用してみることにした。知っているひとも多いと思うが、いま、iTunesでは映画のダウンロードレンタルができるの…

有名税は重税すぎる。

パリ20区、僕たちのクラス [DVD]出版社/メーカー: 紀伊國屋書店発売日: 2011/04/28メディア: DVD クリック: 13回この商品を含むブログ (34件) を見る じっさいに観たのはしばらく前なのだが、やはりこの映画について感想を書かずにいるわけにはいかない。カ…

『英国王のスピーチ』。

予告編を見ただけで傑作に違いないという気がする。これは見に行かねば。

もうひとつ微妙な佳作、『宇宙ショーへようこそ』。

宇宙ショーへようこそ 【通常版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックス発売日: 2011/02/09メディア: Blu-ray購入: 1人 クリック: 14回この商品を含むブログ (15件) を見る 観ました。 うーん、これは、どうなんだろ。Twitterではわりと悪し様に語った…

『東のエデン』とは何だったのだろうか?

東のエデン 劇場版I The King of Eden DVDスタンダード・エディション出版社/メーカー: 角川映画発売日: 2010/03/24メディア: DVD購入: 2人 クリック: 65回この商品を含むブログ (49件) を見る たったいま、劇場版『東のエデン』完結編を観てきた。既に小説…

若かりし日のクリント・イーストウッド。

「Something Orange Second」からの移植。 いまやハリウッドを代表する超大物映画監督になってしまったクリント・イーストウッドだが、御存知の通り、昔は西部劇俳優だった。その時代のイーストウッドの代表作がこの『夕陽のガンマン』、らしい。 らしいと書…

劇場版『Fate』の限界。

昨日も書いたように劇場版『Fate』を観てきたんですけれど、まあ、わざわざ観るほどの映画ではなかったですね。 いや、映画の出来としては悪くない、チャンバラ活劇としてそれなりに楽しめる作品に仕上がっていたと思うけれど、でも、これはもう、企画そのも…

『Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』。

観てきました。まあ、観なくてもいいですよね(笑)。でも、観て損はないとも思う。なかなか楽しいチャンバラアニメではある。でも、『Fate』本編をしらないひとは手を出さないのが吉。 劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 公式ガイドブック作者: …

『ホッタラケの島』。

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】コレクターズ・エディション ※完全初回限定生産出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2010/02/26メディア: Blu-ray クリック: 57回この商品を含むブログ (5件) を見る 観ています。

『扉をたたく人』。

扉をたたく人 [DVD]出版社/メーカー: 東宝発売日: 2009/11/20メディア: DVD購入: 1人 クリック: 48回この商品を含むブログ (55件) を見る 観ました。

『永遠のマリア・カラス』。

永遠のマリア・カラス [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2004/03/17メディア: DVD購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (27件) を見る この頃、『クリムト』、『インビクタス』、そしてこの作品と、伝記映画ばかり見ているような気が…

『インビクタス』。

インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2010/07/14メディア: Blu-ray購入: 6人 クリック: 32回この商品を含むブログ (70件) を見る いまや名匠の誉れも高いクリント・イースウッ…

『マクロスフロンティア』。

山田洋次の『おとうと』に続いて『マクロフロンティア』を観てきました。長大なテレビ版を圧縮した内容なので、物語がわけわからないことになっていますが、とにかく映像と音楽の饗宴がすばらしい。シェリルはセクシーだし、ランカはキュート。まあ、見て損…

『アバター』。

たまにはまともな更新もしよう。 ジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター』を観てきました。宇宙の彼方の遠い星を舞台にした作品ということ以外、事前情報ゼロで観にいったのですが、非常に楽しめました。 興行的には『タイタニック』の記録を塗り変…

『60歳のラブレター』。

60歳のラブレター [DVD]出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)発売日: 2009/11/22メディア: DVD クリック: 54回この商品を含むブログ (26件) を見る 観た。

かってにサブタイトルをつけてみよう!

角川スニーカー大賞を受賞した『シュガーダーク』をいま読んでいる。 シュガーダーク 埋められた闇と少女 (角川スニーカー文庫)作者: 新井円侍,mebae出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/11/28メディア: 文庫購入: 8人 クリ…

初めてのキスは、抗がん剤の味がした。『私の中のあなた』。

連休最後の日を利用して、映画『私の中のあなた』を観てきた。 結論から話すと、秀作だと思う。いや、もう、とにかく愛にあふれた映画で、劇場で涙をこらえることが大変なくらい。まだ観ていないひとで、「泣ける映画」を探しているひとには確信をもってお奨…

非モテが死にたくなってもべつにいいんじゃね?

少し前の話になるが、id:GiGirさんが映画『サマーウォーズ』を正面から批判していた。 ぼく自身はこの映画を非常によく楽しんだので、異論を書くつもりだったのだが、巧くまとめられずにいるうちに、id:north2015さんが秀逸な感想記事をアップされた。 ぼく…