メルマガ

生きのびるための物語――脱ヒロイズムは可能か。

上野千鶴子『生き延びるための思想 ジェンダー平等の罠』を読んだ。学術的かつ専門的な部分もあり、内容を要約することは容易ではないが、非常に簡単に割りきって言ってしまうと、タイトルの通り、「フェミニズムは生き延びるための思想である。死ぬための思…

すべての批判に向き合うべきだろうか?

「Something Orange」はもうすぐ1000万ヒットに達します。どんなに遅くてもあと3ヶ月かかるということはないでしょう。現時点で990万ヒットを超えているわけですから。 いまどき1000万なんてめずらしくもないよとか、カウンターによって数字の意味は全然違っ…

南京事件否認論の恐怖。

前回のメールマガジンで南京事件否認論について書いたところ、感想のメールをいただきました。南京事件の実在に対して否定的なご意見でした。私信であり、ちょっと公開して良いものかどうかわからないので、引用は控えますが、要点は「南京事件は一次資料が…

有料版メールマガジン、創刊!

というわけで、本日、メールマガジン有料版創刊です。内容は、 ・挨拶「創刊号!」 ・今月の特集「『魔法先生ネギま!』を振り返る。(1)」 ・連載コラム海燕の遊々自適「南京事件の一次資料はたくさんあるよ。」 ・連載コラム思い出の名作たち「高橋しん『…

それでもかれらは認めない。――南京事件否定論者にどう対処するべきか。

名古屋市の河村たかし市長による南京事件否定発言が話題となっている。河村氏によると、かれの父親が南京市で友好的な歓待を受けたことから、南京事件などなかったのではないか、と考えるようになったのだという。 そこで、mixiなんかを見ると「そうだそうだ…

「日本人はバカばっか(ただしオレは除く)」という言説の傲慢。

まあ、タイトルの通りなんですが、Twitterを見ていると、よく「この国の人間は心の冷たい人間が多い」とか「日本人はいつのまにか正常な判断力を失ってしまった」といった、やたらに大きな話を常識のようにして語る人がいるよな、という話題。 別段、日本や…

正当な罵倒など存在しない。

著書『電子書籍の衝撃』などで有名な佐々木俊尚さんが、何やらバトっていたらしい、という話を聴く。ぼくは直接にやり取りを見ていたわけではないので、その事についてどうこうつもりはない。ここ(http://d.hatena.ne.jp/tsunmatsu/20120207)によると、 キ…

有料メルマガQ&Aとサンプル。

メールマガジン有料版に関する疑問点などをQ&Aの形にまとめてみました。 Q1.有料版は無料版とどこが違いますか?A1.まず、量が一通原稿用紙50〜60枚にまで一気に増えます。それから、無料版は週一で始めて次第に刊行ペースを落としていく予定ですが、週一…

有料メールマガジン創刊前夜!

有料メールマガジンの審査が通りました。仮題『オトナオタク有料版』ですが、変えるかもしれません。創刊は3月7日ですので、それまでに登録しておいてくださると創刊号を受け取れることになります(もっとも、3月中に登録してくだされば無料で同月のバックナ…

映画『けいおん!』は勝ったのか?

ぼくはまだ見ていないが――というか、テレビ版を途中までしか消化していないので、あえて見に行く気になれなかったのだが、映画『けいおん!』は大ヒットを遂げたようである。 動員100万人を突破し、興行収入では15億円を超えたという。深夜アニメの劇場化作…

無料メールマガジン創刊!

再来月創刊予定の有料版への足がかりとして、無料メールマガジン『オトナオタク』を創刊しました。無料の上、メールアドレスを登録するだけで読めますので、ぜひ、皆様、ご登録ください。 内容は過去「Something Orange」で書いてきた小説、漫画などのレビュ…